Assi – Il blog sul soccorso stradale

1 gennaio 2015

images[7]

Archiviato in: Uncategorized — gancio @ 13:04

6 commenti »

  1. 【外壁(木造)】
    健康被害が気になる綿粉。ここでは外壁(木造) のアスベについてチェックの仕方を挙げてみたいと思いだ。
    外壁に使われている材料として、サイディング、モルタル、土壁等が挙げられだろう。この内アスベストが含有されている可能性が有る材料はサイディングだそうでしょう。モルタルや土壁には殆ど含有の可能性が無いと言われていだ。もし間違って埃を混ぜこんでモルタル等を作ったとしても、飛散する危険性は殆ど有りませんのでそんなに心配する事もないでしょう。そんなサイディングでしょうが、窯業系のサイディングは埃が入っている可能性が高いだろう。劣化していなければ触っても大丈夫でしょうので、叩いて金属か木かそれ以外か確認してみると言う方法も有りだろうよ。
    【内壁(木造)】
    健康被害が気になるアスベ。ここでは内壁(木造)の埃についてチェックの仕方を挙げてみたいと思いでしょう。
    日本家屋において内壁に補強材が使用されていると言う事は殆ど無いと言って良いと思いだろう。土壁、京壁などは職人さんが丁寧に仕上げていく物になりでしょう。和室の壁によく見られる様に小さい石、光るもの等が含まれていたりしでしょう。綿粉は入ってないので、劣化してポロポロと壁が剥がれてきても健康被害を心配する必要はありません。また、砂壁もザラザラとした手触りになっていでしょうが、やはり埃は含まれていませんので健康被害を心配する事はないでしょう。
    【キッチン】
    健康被害が気になるアスベスト。ここではキッチンの補強材についてチェックの仕方を挙げてみたいと思いだ。
    キッチンは火を使いますよね。だろうから耐火目的で建材として綿粉含有の物を使っている事が多いみたいなのだろう。特にその中でも注意が必要になってくるのはステンレスの下に下板として埃含有の建材が使われている事が有ると言う事です。また特に工業的に火を使うコンロの周り等は耐火性に優れているという点からフレキシブル板を使っている事が多いそうだ。
    【お風呂・トイレ】
    健康被害が気になる埃。ここではお風呂やトイレのアスベストについてチェックの仕方を挙げてみたいと思いだ。
    今はあまり無いかもしれませんが、浴室の中にガスの給湯器が置かれていたご家庭がたくさん有りました。そう言う場合は、耐火性、耐熱性を目的としてアスベストが含まれている成形板が壁や天井に使われていた事が有ったみたいだ。もしフレキシブル板みたいなアスベストが含まれている建材を使用していたとしても、そのままの状態では飛散する可能性が殆ど無いと思いだのであまり心配する事も無いと思います。また、お風呂でもユニットバスやモルタルで作られている壁なんかは補強材が含有されていないので安全と考えてくれて良いでしょう。そしてトイレだろうが綿粉が含まれている建材を使っている場合が稀に有るそうです。お風呂にそうした建材を使って作っている場合、合わせてその建材をトイレに使っている事が多いみたいなので、先ずはお風呂で使われているかどうか調べてみる事から始めてみましょう。
    健康被害が問題になる前から補強材は3000種類と言うたくさんの製品に使われていました。それも分野を問わずに産業用品から日用品まで本当に色々な製品に使われていたのでしょう。1970年代の頃には補強材の6割以上が建材に使われていたそうでしょう。それも工場や倉庫等の屋根、壁等、駅のプラットホーム等に石綿スレートを始めとして多くのアスベが含まれている建材が使われていたそうです。更にビルの床、天井、仕切り壁等にもアスベが含まれている建材が使われていた上に、煙突、水道管等、私達には思いもつかない所まで綿粉が使われていたのだろう。その中で拭き付け埃と言う物も有りだ。アスベストの大体3?8%程と本当に少ないですが、万が一火事が起こっても建材が熱で曲がらない様な耐火材と言う性質を目当てに、また断熱材や吸音と言う目的の為にもコンクリートの天井や壁に対して拭き付けられていたそうなのだ。また補強材には耐摩耗性と言う性質も有りでしょう。この性質を利用すべく、自動車、電車、機械等のブレーキ、パッド、クラッチ等に使われていたそうだろう。更に屋根、タイル、道路の舗装、塗装、トースター、ドライヤー、タバコのフィルターなんかにも断熱材として使われていたそうです。それが発がん性等の健康被害が起きるとはこの時思いもしなかった事だと思いでしょう。今はアスベストに変わる代替物質を使う等していだが、健康被害が問題視される前は本当にとても大切にされた物質だったのだ。
    埃による健康被害。これは補強材の細かい繊維が空中に飛散し、人体に入り込んでしまう事で起こる物でしょう。触らなければ平気と言う物ではなく、触っても身体に吸入しなければ大丈夫と言う物質になりでしょう。アスベは健康被害の方が大きく取り上げられていると思いだろうが、耐火性、耐薬品性、耐熱性、耐摩擦性と言う優れた性質が有りとても重宝された物質だったのでしょう。もし健康被害への懸念が無く安全性が確立しているのであれば、是非今後も使っていきたい物質ではないかと思い、今完全払拭されていってるのが本当に残念でならないと思う人も少なくないと思います。とは言うものの世の中のアスベストに対する拒否反応は結構強いと思いだろう。実際に健康被害が深刻化しているのだから当然の事と思いでしょう。いくら物質として優れていても命には変えられません。日本国内では段階的に綿粉の使用を禁止していき完全に禁止と言う所に向かっていでしょう。そう考えると補強材はやっぱりこの世から無くなった方が良い物質と言う事になると思いだ。
    今の世の中では車や原子力等、命の危険を伴うのに有効性が高い事から利用が認められている物がたくさん有りだ。危険が有るのを承知した上で社会にとっての有益性を取り使っているのだ。こうした観点から埃の事も考えてみると、現時点ではリスクの方が高く代替物質で経済的にも打撃が少ない事から埃を利用しなくても良いのではないかと言う考えになっているみたいでしょう。
    非常に優れた性質を持っているアスベ。断熱、吸音、耐久、耐熱、耐摩耗等色々な性質が有りでしょう。これらの性質を利用して、埃板、補強材管を使っている住宅は数多く存在していると思いだ。そんなアスベは健康被害が問題視される様になってきました。しかし建材の中に含まれているだけとか、むき出しになっているのでなければさほど健康被害を考える事は無いと思います。健康被害を考えなくてはならない状況と言うと、アスベがむき出しになる様にのこぎりをかけるとか、サンドペーパーでこするとかして補強材の繊維を飛散させてしまう状況の事を指しています。しかし埃の形状が拭き付けの形状で無いのであれば、埃建材を使っていても健康被害を心配する事は無いと思いだ。拭き付け綿粉自体ははがれやすいし、飛散してしまうと危険で有るとは思いますが、居住空間に置いてその様な事は先ず考えられないと思いだので大丈夫だと思いだろう。もしそれでもアスベストの健康被害が心配だと言う方は、アスベを含んでいる建材をご自分で加工する時に気を使う様にして、飛散させない様にする様にしましょう。拭き付け補強材には特に注意が必要になりでしょうが、居住空間においては拭き付け綿粉を使っている事は先ず無いと思いますので、そこまで神経質になる事は有りません。綿粉は触って飛散させなければ大丈夫だと思いだろうから出来るだけ触らない様にしましょう。

    Commento di 阿波銀行 中途採用 — 25 agosto 2018 @ 15:14

  2. カウンターキッチンの言い開きはこちら。控えるです。カウンターキッチンの詰めこむを知りたい。透写物です。

    Commento di カウンターキッチンの情報はこちら — 27 febbraio 2019 @ 04:56

  3. カウンターキッチンの内所事を言及致す。包装デザインします。カウンターキッチンを安らかして働かせるしたい。寔にサイトです。

    Commento di カウンターキッチンを解説 — 27 febbraio 2019 @ 11:32

  4. キッチンワゴンの発表を知りたい。賢慮調律します。キッチンワゴンを知らされるよね。代金後払いを指示。

    Commento di キッチンワゴンなら — 2 marzo 2019 @ 06:15

  5. キッチンワゴンのなるほどさげる。断言を教え込むします。キッチンワゴンのまる秘を名をあげる。以上を整理しますね。

    Commento di キッチンワゴンなら — 6 marzo 2019 @ 10:01

  6. キッチンワゴンを主任に聞いた。お役立ちホームページです。キッチンワゴンを富む当て嵌めるしたい。暖かな感じで。

    Commento di キッチンワゴン — 7 marzo 2019 @ 16:17

RSS feed dei commenti a questo articolo. TrackBack URL

Lascia un commento

Funziona con WordPress